早稲田アカデミー VS 他塾 > ワセアカの特徴

早稲田アカデミーでは、小5生に対し私立中学向けの「Sコース」、公立中高一貫校向けの「KAコース」と公立中学に進学して高校受験で勝負する「KBコース」が設置されています。

早稲田アカデミー小5設置クラス概要

早稲田アカデミーの小5Sコースは、四谷大塚YTnetの学習カリキュラムに沿って学習が進められます。通塾は、通常授業で週3回になります。小4から比べると勉強量が増えてきますので、戸惑う子供も多く出てきます。早稲田アカデミーでは、その際の勉強方法や学習計画について、どんどん相談してくださいと言っていますから、悩み続けることなく、早稲田アカデミーの先生に躊躇なく相談し、宿題の量なども調整してもらうなど積極的に家庭が動いていくことが重要です。

早稲田アカデミー小5KAコースは、公立中高一貫校合格のために、公立中高一貫校で求められる「考える力」「表現する力」を養成するクラスです。早稲田アカデミーの公立中高一貫校対策コースでは小5から小6前半までの期間をかけて算国理社それぞれの知識の整理や理解度を深める学習を行います。入試問題を見てもわかるとおり、公立中高一貫校の問題は、単なる知識の蓄積を問う問題ではなく、図やグラフの読み取り、自らの意見を論点をまとめて述べなければならないなどの問題が出題されます。現在の公立小学校ではそこまでは求めることはできませんから、公立中高一貫校こそ、入試への対策が必要でしょう。通常授業は、週2回の通塾になります。

早稲田アカデミーの小5KBコースは、公立中学校に進学して高校受験で勝負するコースです。基礎固めがこのコースの目標ですが、新学習指導要領で削減された内容も、授業の中に織り交ぜて中学校に進んでからも伸びる土台を作るのがKBコースです。通常授業は週1回の通塾になります。

塾の授業についていけず、クラスを変えるべきか?

「塾についていけず、自信喪失・・・」お母さんからの相談

ここでは、早稲田アカデミーの主な設置クラスを紹介します。

いわゆる通中のカリキュラムの通常授業は、学力別編成で、
早稲田アカデミー中1
◆Sクラス 選抜コース 英数国3科(開成・国立附属・早慶附属向け)
◆Rクラス レギュラーコース 英数国3科
※理科社会は、選抜クラス・レギュラークラス共通

早稲田アカデミー中2
◆Tクラス 特訓コース 英数国3科(開成・国立附属・早慶附属向け)
◆Rクラス レギュラーコース 英数国3科
◆理社クラス 特訓コース・レギュラーコース

早稲田アカデミー中3
◆Tクラス 特訓コース 英数国3科(開成・国立附属・早慶附属向け)
◆Rクラス レギュラーコース 英数国3科
◆理社クラス 特訓コース・レギュラーコース

となっています。早稲田アカデミーでは、これ以外に、選択・特別講座も設置されています。主な選択・特別講座は以下のとおり。

◆内申アップシステム (中1・2・3 年生対象)
各校毎に該当地域の中学における定期テストの問題を入手・分析し、各中学での出題傾向をリアルタイムに反映した「定期テスト対策講座」

◆日曜特訓講座 (中1・2・3 年生対象)
一回合計5時間の弱点単元集中特訓。

◆中1エリート特訓(開成・国立附属向け)
◆中2スーパーエリート特訓・エリート特訓(開成・国立附属・早慶向け)

◆中3日曜特訓
中1から学んできた単元の中から、高校入試に即応する出題形式に合わせて、該当単元の理解を実戦的な得点力の強化と共に目指す。英語・数学が対象。

◆作文講座 (中3対象)
開成の記述、慶應女子の600字作文、慶應志木の300字作文、早大学院の1200字小論文などへの対応を目指す。

これら以外に、中3生を対象に、4月から7月に必勝Vコース、9月?1月まで必勝志望校別コース、土曜集中特訓コースがある。

「定期テストの点数が下がっても勉強のやる気なし・・・」お母さんからの相談

御三家合格者数101名→154名→143名→187名→191名
早稲田実業中、2003年入試から連続5年間合格者数N0.1
千葉県最難関の渋谷幕張に80名合格
埼玉県女子校No.1の浦和明の星に157名合格

これは早稲田アカデミーの合格実績ですが、非常に勢いのある数字を近年たたき出しています。

早稲田アカデミーは、カリキュラムテストとしてYTnetを採用しています。YTnetシステムとは、四谷大塚の予習シリーズを使い、その週の該当単元を学習し、週末のテストにより定着度を確認するシステムです。

ただ、早稲田アカデミーでは、四谷大塚の学習システムには準拠しながらも、四谷大塚のもっとも特徴的な家庭学習の予習の負担を極力軽減する形を取っています。なんと早稲田アカデミーは、予習形式の四谷大塚YTnetを採用しながら、復習定着主義で指導しているのです。そのために、早稲田アカデミーは、四谷大塚の予習シリーズだけでは不足する部分を、早稲田アカデミーオリジナル教材やオプション講座で補っています。

結果的に本体の四谷大塚の合格実績を大きく上回る合格実績を早稲田アカデミーが出している現状から、同じように予習形式の四谷大塚YTnetを採用しながら、復習主義でやっているYTnetの塾が多く出てきています。

特徴として、早稲田アカデミーのYT教室は土曜日に、また、早稲田アカデミーでは、YTnet加盟塾中最低価格でテストを提供しています。

通常授業は週3回の通塾ですが、日曜日には日曜特訓講座が開催され、志望校対策講座も学校別に開催されています。

「公開テストになると緊張からか点数が取れない」の解決法

早稲田アカデミーでは、小3から中学受験に向けてのクラスがスタートします。早稲田アカデミーが用意している小3ジュニアコースでは、中学受験で必要不可欠な「目標に向かって努力する姿勢」を育むことが目標。

なぜなら、早稲田アカデミーが、中学受験合格に最も必要な要素として挙げているのが「学習習慣」と「環境」だからです。そして、その学習習慣が身につくのが小学校低学年と、早稲田アカデミーでは定義し、この時期にただ大量の課題を与えるのではなく、適切な環境のもとで学習習慣を身につけながら、かつ学習への興味を呼び起こすことが、小3生にとって、中学受験に向けての効果的な準備になるとの考えから小3ジュニアコースを設置、運営しています。

小3の国語では語句の充実と記述することの楽しさを味うがテーマに、中学入試で必要とされる語彙力を伸ばします。また、算数では、知る喜びや問題を解ける嬉しさ体感するのをテーマとし、子供自身が手を動かし試行錯誤できる問題を用意、考える力を伸ばします。

また、早稲田アカデミーの小3ジュニアコースでは、家庭学習教材を取り組みやすい冊子形式で渡し、それらは授業中に先生によって回収され、コメントをつけて返却してくれます。これも学習習慣をつける一環です。

ただ目標がないまま学習を続けるのは辛いものです。学ぶ楽しさや喜びだけでは子供たちを引っ張れません。そこで、早稲田アカデミーでは、月に一度の割合でマンスリーテストを実施し、子供の1か月のがんばりを確認します。

しかし、まだ3年生。中学受験に対する意識も高くはなく、テストとなると緊張します。よって、早稲田アカデミーでは、毎回のテストに備え対策授業を実施し、準備をした上で本番に臨む形を取ることで子供たちに安心感を与えています。また、せっかくテストを受けても受けっぱなしではその効果は半減するので、早稲田アカデミーでは試験終了後すぐに解説授業を実施し、定着を図ります。

低学年の3年生という微妙な学年を非常に意識した早稲田アカデミーの小3ジュニアワークコース。

首都圏関西圏ではすでに小3生向けの設置クラスが続々と生まれています。将来の中学受験をする生徒の青田買いともいえる現象はすでに各地で始まっています。

さて、あなたはどうお考えでですか?

中学受験の勉強時間についての相談

親子で取り組む中学受験

早稲田アカデミー個別進学館は、難関校合格をターゲットにした「進学個別指導塾」です。
 
早稲田アカデミー個別進学館は、早稲田アカデミーの教務システムを個別指導用に最適化した授業を受けることができます。個別指導ですから、個別指導用プログラム「単元管理表」を学習状況や志望校に合わせて、生徒に合わせたカリキュラムにカスタマイズされます。
 
早稲田アカデミー個別進学館の授業は講師1名に対して生徒2名の1:2形式の授業で、「わかる」のではなく「できる」状態へと導きます。
 
 
設置校舎
東京 御茶ノ水校  東京都千代田区神田駿河台  

埼玉
大宮校  埼玉県さいたま市大宮区仲町 大宮駅
志木校  埼玉県新座市東北 志木駅
 
 
「難関中学を受験したい!でも、今から集団塾に通うのは...」
そんな生徒には早稲田アカデミー個別進学館の「Wコース」がお勧め。「Wコース」は志望校レベル別に、教材・テスト・授業内容・宿題内容をしっかり管理し、難関校合格を目指すコースです。
 
 
「憧れの私立中に合格!でも、入学してから勉強についていけるかどうか心配」
そんな生徒には早稲田アカデミー個別進学館の「中高一貫校生コース」がお勧め。「中高一貫校生コース」は、公立とは異なる学校独自のカリキュラム・授業進度に合わせ、個別のプランで学習できるコースです。
 
 
「他の塾に通っているけど、苦手な数学だけどうしても成績が伸びない」
そんな生徒には早稲田アカデミー個別進学館の「塾併用コース」がお勧め。集団型の進学塾ではカバーしきれない苦手教科の「補習」や「復習」、また「先取り学習」にぴったりのコースです。
 
 
これらコースはあくまでも一例で、個別指導ですから希望に合わせてオリジナルの学習プランの作成が可能です。
 
早稲田アカデミー個別進学館は、個別指導なのでいつからでも入塾できます。また、無料体験授業や見学も随時受け付けています。
 

早稲田アカデミーでは、小4から理科・社会の学習も始まり、本格的な中学入試カリキュラムの学習が始まります。

クラスはSコース。

早稲田アカデミー小4Sコースでは、特に算数は、小5・小6で学習する内容の土台をなすものになります。もし小5からの入塾をお考えの場合は、この4年生時のカリキュラムを家庭でやっておくことが求められます。そうしないと、出遅れになるからです。

国語では、予習シリーズを用いた学習と同時並行で、オリジナル教材を使い、読むことと書くことの絶対量を確保するカリキュラム。社会では、予習シリーズを使った勉強とともに、都道府県を押さえ、日本地図を頭に入れることが最大の目標になっています。

また、早稲田アカデミーの理科は、授業の中にDVDを取り入れ、子供たちの興味と意欲を引き出すように設定されています。

早稲田アカデミーの小4Sコースの宿題は、算国理社4科に毎週1冊の冊子が渡されます。SAPIXと同じような形式ですね。提出した宿題は担当講師が1冊1冊チェック。

このチェックによって、授業時間だけでは把握できなかった子供の「つまづき」を確認し、総合回(まとめの回)や長期休暇の講習会等での指導に生かすと早稲田アカデミーではいていますが、つまづきやできていない点が、夏休みや春休みまでそのままというのは、どうでしょうか。

ぜひチェックは先生に任せるだけでなく、家庭で返却された宿題冊子をチェックし、できていないところは、すぐに先生に質問したり、相談したりすることをオススメします。

当然ながら、小4Sコースでも、御三家中・早慶中といった上位校を目指している子供にはオプション講座が用意されています。このコースを取れば週3回の通塾となります。

3年間で進められるカリキュラム(4年間の方もいますが)ですが、長い長い道のりです。早稲田アカデミーのシステムを十分理解したうえで、家庭も最大限子供をフォローしてやることが求められます。

「子供がひとりで勉強しない・・・」というお母さんからの相談

早稲田アカデミーでは、2005年度より教育委員会からの依頼を受け、公立中学校などで講座を実施しています。

【無料】教師力向上講座 説明会開催
2008年11月15日(土) 15:30から16:15            

来年度より教職につく予定の方などが教師力向上講座でじっくり学ぶことで、4月には自信を持って授業ができるようになります。

早稲田アカデミーが教師力養成塾で伝授することは、のやる気を引き出す『学習する空間づくり』。『学習する空間づくり』を教える立場の人々が取り入れることで、多くの子どもたちの授業に対する取り組み方が変わります。

それは学力向上だけでなく、その後の子どもたちの人生に大きく役に立つと早稲田アカデミーは確信しています。

小6 志望校別日曜特訓コース 4月~7月
最近の入試問題は、パターン化された問題は少なくなり、柔軟な思考力、緻密な作業力或いは調べ上げる力を試すような問題が増 加しています。

早稲田アカデミーは1学期の「NNアタックコース」を志望校突破へ向けた準備期間と位置付け、必要な基礎力の定着とあわせて思考力・調べ上げる力をじっくり鍛え、来たる2学期以降の「NN志望校別コース」へと繋げていきます。


保護者対象説明会実施日:3月23日(日)
開成クラス  ExiV西日暮里校9:30~12:00
麻布クラス  ExiV渋谷校9:30~12:00
武蔵クラス  池袋・本館5Fホール 9:30~12:00
桜蔭クラス  新宿・住友スカイルーム9:30~12:00
女子学院クラス 新宿・住友スカイルーム13:30~16:00
雙葉クラス    新宿・ワシントンホテル新館9:30~12:00
駒場東邦クラス 三軒茶屋校14:30~17:00
桐朋クラス    国分寺校14:30~17:00
栄光・聖光クラス 横浜校14:30~17:00
フェリスクラス   横浜校14:30~17:00
浅野クラス     横浜校9:30~12:00
早実(男子)クラス 駅ビル・サロン飛鳥10:30~12:00
早実(女子)クラス 国分寺校
早稲田クラス 永田町・星陵会館14:30~16:00
慶應普通部クラス ヨコハマプラザホテル9:30~11:00


入会試験 4月5日(土)
開成クラス  ExiV西日暮里校 9:00~12:50
麻布クラス  ExiV渋谷校 9:00~13:20
武蔵クラス  サクセス18池袋校 9:00~12:40
桜蔭クラス  ExiV御茶ノ水校 9:00~12:20
雙葉クラス  WAC新宿校 9:00~11:50
早実クラス  国分寺校  9:00~12:40
慶應普通部クラス 綱島校 9:00~12:10
浅野クラス 横浜校 9:00~12:40


入会試験 4月6日(日)
女子学院クラス 渋谷校・御茶ノ水校 9:00~12:20
駒場東邦クラス 三軒茶屋校 9:00~13:00
栄光・聖光クラス 横浜校 9:00~12:40
フェリスクラス 横浜校 9:00~12:30
桐朋クラス        国分寺校 9:00~12:20
早稲田クラス 早稲田校・西日暮里校 9:00~12:20

早稲田アカデミーが発表していた2006年度の公約というのがありました。
◆御三家中170名合格
◆開成高校45名合格
◆早慶高950名合格

の3つです。これは2006年度においてはすべて達成されました。

そして、2007年度の公約がありました。
◆開成高校・慶應義塾女子高校合格者数全国No.1
◆御三家中230名合格
◆早慶高1000名合格

この3つです。しかし、2007年度においては、これらの公約のうち、早慶高1000名合格のみの達成となりました。

果たして2008年度の公約はどのようなものになるのでしょうか??

未達成を受けて、公約が後退するのか、2007年度の公約を上回る公約を出してくるのか。

楽しみですね。体育会系情熱塾の早稲田アカデミーですから、2007年度を越える公約を期待したいものです。

ライバルの塾は、サピックス日能研

第1回  7月16日(祝)  第2回は、10月20日(土)は実施されます。

「開成実戦オープン模試」
会場: ExiV渋谷校・ExiV西日暮里校
スケジュール:
試験開始  8:30(英・数・国・理・社5科)
試験終了 13:50(昼食12:30から13:10)

数学特別授業: 7月16日(祝)14:00から15:30

早稲田アカデミーの模試は、、「開成独自の視点を的確に押さえた本番そっくり模試」で実施されます。また、早稲田アカデミーでは、模試が終わった後に「開成必勝クラス担当による数学特別講義」を実施し、フォローも行うのがウリです。


「慶應女子実戦オープン模試」

会場:ExiV渋谷校・ExiV御茶ノ水校
試験日:7月16日(祝)
試験開始  9:00(英・数・国3科)
試験終了 12:30
解説授業 7月16日(祝)13:10?15:30

宮崎県高校偏差値/