早稲田アカデミー VS 他塾 > 早稲アカニュース

早稲田アカデミーと明光義塾などを運営する株式会社明光ネットワークジャパンは、2010年8月27日に両社が展開している教育事業に関して業務提携契約を締結することを決議したことを発表しました。


発表によれば、早稲田アカデミーが近年の多様化する教育情勢の中で、集団指導を補完する意味での個別指導ニーズや、難関校受験に対する個別指導のニーズに応えるべく独自にMYSTAブランドで個別指導教室を展開(MYSTAは現在12教室)しており今後は、より多くの難関校志望者の個別指導ニーズに対応するために、早期に個別指導教室の運営ノウハウを確立し更なる展開を図っていくことが、収益拡大に向けての要素の一つとして捉えたと述べています。


早稲田アカデミーと明光義塾は、今後、集団指導と個別指導の相互補完による更なる合格実績の向上、個別指導により難関校を目指し、新たな生徒層の獲得を目指して業務提携を結んだようです。


今後、早稲田アカデミーと明光義塾の両社は、早稲田アカデミーの持つ難関校受験指導ノウハウ及び教科指導ノウハウ、明光ネットワークジャパンの持つ個別指導ノウハウを活かした高学力層向け個別指導塾「早稲田アカデミー個別指導学館(仮称)」を新規に立ち上げ(平成 23 年1月2校出校予定)し、さらに「早稲田アカデミー個別指導学館(仮称)」の両社各々による直営展開並びに明光ネットワークジャパンによるフランチャイズ展開を平成 24 年より開始する予定だとしています。


早稲田アカデミーは平成22年3月期の連結売上高約160億円、連結経常利益約8億円、一方の株式会社明光ネットワークジャパンは平成21年8月期の連結売上高約120億円、連結経常利益約30億円となっており、業界でも大手。


また、早稲田アカデミーは大株主にナガセ約19%、英進館約9%、学研約4%、明光ネットワークジャパンの大株主には株式会社ベネッセホールディングスの約14%、学研約4%が控えるなど学習塾の業界再編のキーとなる大手がこぞって株主に名を連ねており、今後の動向が注目されます。


なお、明光ネットワークジャパンについては、株式会社ベネッセホールディングスから平成 22 年4月 19 日付で関東財務局長に提出された大量保有報告書の変更報告書により、平成 22 年4月 15 日現在で当社株式の保有割合が0%である旨の報告を受けていると記されています。

子供の学力を伸ばすために個別指導でいくか、集団授業の進学塾で行くか。親は悩みます。そんな悩みを持つ方に早稲田アカデミーの瀧本司社長が2009年8月21日の『まーけっとNavi』「江上剛の汐留リーダーズEYE」でゲストとして出演し答えてくれました。
 

早稲田アカデミー・瀧本司社長に聞く

日テレNEWS24

早稲田アカデミーの教育方針は「本気で育てる」だ。

「本気とはなにか?」

学力別のクラス編成で集団授業を行う早稲アカの社長による「集団授業の有効性」のお話。とくとご覧あれ!

早稲田アカデミーは中学受験塾の四谷大塚と組み、小学生向けの理科の実験教室を2010年3月に開設します。

開設されるのは、早稲アカの小中学生対象の校舎の「ExiV西日暮里校」に併設され、対象は小学1年から6年生まで。今後はこの理科実験教室を展開する予定です。


オリコンDD株式会社は、現在運営している30ジャンルのうち18ジャンルについて2010年度の顧客満足度(CS) ランキングを発表しました。

中学受験 塾・予備校(総合)
1位 76.36点 CG啓明館
2位 74.39点 四谷大塚
3位 73.54点 東進スクール
4位 71.58点 日能研
5位 71.07点 サピックス
6位 70.21点 進学塾ena
7位 69.30点 早稲田アカデミー
8位 69.29点 栄光ゼミナール
9位 67.77点 明光義塾
10位 66.84点 市進学院

オリコンは、実際の利用者を対象とした大規模な顧客満足度調査を行い、その調査結果に基づいて、各サービスの顧客満足度(CS)ランキングを2006 年より毎年発表しています。

早稲田アカデミーが2009年11月に提出した四半期報告書によると、9月末時点のナガセによる保有株数が買い増され、ナガセの保有比率が発行済み株式の18.44%となっていることが明らかになりました。

早稲田アカデミーが2009年5月に導入した買収防衛策を発動する20%まであと2%に迫り、今後の対応が注目されています。

景気悪化と少子化を背景に学習塾各社の優勝劣敗が鮮明なようです。2009年3月期早稲田アカデミーは増収増益を見込み、早稲アカとは同盟?関係にあるナガセの2009年3月期連結経常利益は前期比32%増の28億円の見通しで株価も好調。

一方、中堅校志望者も多い市進や栄光が苦戦とのことで、市進の株価が2007年末比で40%下落、栄光も29%下げているようです。それに対してナガセは2007年度比18%上昇。

業績だけでが塾の評価にはあたりませんが、対象とする層、力を入れている学年などでこれから明暗が分かれていきそうです。そして、「明」のほうは思い切って投資も可能になります。

少子化はいうまでもなく、中学生の塾離れも言われており、学習塾も戦国時代となってきたようです。

早稲アカも早慶の中高生の合格実績が2008年度は前年よりも落ちたりしました。今年2009年はどうなるか? 気になるところです。

2009年春、「開成高校」の合格者数No.1を達成した早稲田アカデミーが「早稲アカ 開成クラブ」を開設しました。「早稲アカ 開成クラブ」は、早稲田アカデミーの卒塾生が開成高校に進学したあとのフォローをするのが目的で、大学受験などの相談に応えるものです。

「早稲アカ 開成クラブ」の場所は、開成中学・高校があるJR西日暮里駅から徒歩1分にある早稲アカ西日暮里校の3号館を改装して開設し、学校帰りにいつでも立ち寄れるという利便性に加え、使いやすさに徹底的にこだわった机や椅子が並ぶ快適な自習室、休憩用ラウンジ、入学試験の過去問題を検索できるデータベースを自由に使えるPC環境、受験参考書などが用意されています。

また、大きな特徴は、開成高校から東大に合格した早稲アカOB(卒塾生)によるチュータリングが受けられることです。

これによって早稲田アカデミーは開成高校生の取り込み、早稲アカ卒塾生はもとより新規の開成の生徒を獲得し、その上でたとえば、
「開成高校の東大合格者数の50%は早稲アカ開成クラブ生」などの打ち出しを狙っているのではないでしょうか。

早稲田アカデミーはこれまで合格実績にしても「早慶附属」など人気ながらもニッチな分野での「合格実績No.1」を売りにして成功してきましたが、今回の「開成クラブ」はそれの高校版で、その中でも「開成高校」という限定した範囲でなおかつ数字のとれる分野を狙ってきたものと思われます。

開成高校の東大合格者数は確実に見込める市場ですが、早稲田アカデミーが開成高校生をどれだけ引き込めるかは注目です。

東進や四谷大塚を運営するナガセが早稲田アカデミーの株を買い増しているようです。

日経新聞によれば、


当初、ナガセの永瀬昭幸社長と早稲アカの須野田誠前社長との間で10%を上限に買う約束をしたとみられるが、ナガセは現在早稲アカ株の16%近くを保有。一方、早稲アカは前社長の妻が売却した早稲アカ株を買い取るなど、両社の攻防が続く。

2008年2月24日、早稲アカは立会外取引で自社株19万株(発行済み株式の2.5%)を取得。売却したのは昨年死去した前社長の妻、須野田珠美氏。30%を前社長から相続したが、相続税対策で計10%分を売却。早稲アカが自社株買いで吸収してきた。

ナガセは2007年9月に早稲アカ株5%を取得して以降買い増し続け、2月17日時点では15.68%を握る第2位株主だ。


早稲田アカデミーは、早慶を中心に難関の中学高校への合格実績を上積みするなどして業績も増収増益を見込むなど好調で、2008年第3四半期(10月ー12月)の期中平均塾生数は29,125人(連結)と堅調に推移し、学習塾部門の売上高は43億8700万円となるなど、業績好調のナガセと早稲アカの関係は塾業界の再編にも一石を投じそうです。

早稲田アカデミーが5月9日、平成20年3月期の決算短信を発表しました。詳細は決算短信を見ていただくとして、合併や吸収が続く業界において、早稲田アカデミーの中学受験における四谷大塚との提携がナガセの子会社となってからも続くのかどうか。そのあたりについての記述がありましたので抜粋して紹介します。

早稲田アカデミー平成20年3月期決算短信の事業等のリスクの項目において以下のように述べています。



本資料に記載いたしました事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる事項には、以下のようなものがあります。なお、記載事項中、将来に関する事項につきましては、本資料発表日現在において当社が判断したものであります。


とあり、その中の一項に四谷大塚との提携についての記述があります。


株式会社ナガセによる株式会社四谷大塚の子会社化について

当社が提携塾契約を締結している株式会社四谷大塚は、中学受験指導の草分け的存在でありますが、大学受験指導を主たる事業とする株式会社ナガセが、同社の全株式を平成18年10月に取得し子会社化しております。

当該提携塾契約の主たる内容は、
◆株式会社四谷大塚の発行する教材類を一定の掛け率(割引価格)で購入できること
◆四谷大塚のカリキュラムに準拠して指導すること、並びに四谷大塚の公認テスト会場として、当社がその代行的な業務を行うことができること
等が定められております。

当該契約は平成9年9月の締結以来、これまで円滑に更新(2年ごとに自動更新)されており、現在の契約期限は平成21年8月31日となっております。

当社は、中学受験指導において、株式会社四谷大塚との提携塾契約に基づき同社のカリキュラムに準拠した指導を行っており、中学受験の合格実績も提携塾の中でトップクラスにあることから、当面は当該契約の更新に支障はないものと考えております。

また、何らかの理由により当該契約が更新されなかった場合の影響は、割引価格による教材購入ができなくなること、並びに公認テスト会場の運営ができなくなること等、限定的なものであり、その場合においても、株式会社四谷大塚の指導カリキュラムの継続は可能であること、並びに当社がこれまでに培った独自のノウハウ(志望校別カリキュラム及び教材の開発等)により新しいカリキュラムを立ち上げることも可能であること等から、影響はほとんどないものと考えております。

当社は引き続き、株式会社四谷大塚との提携関係を維持していく方針でありますが、万一、契約更新ができなくなった場合には、公認テスト会場としての従来サービスの提供に支障がでること、あるいは新しい指導カリキュラムへの移行に時間を要すること等により、当社の業績に影響を及ぼす可能性があります。


このように述べています。

当面は四谷大塚との提携を維持する方針で、維持できない場合は、短期的に混乱は起こるが独自に中学受験に対応していく体制もできるということのようです。

四谷大塚との契約期限は来年平成21年8月31日まで。こうした流れとともに、平成20年3月31日には
株式会社ナガセから大量保有報告書(変更報告書)が関東財務局長に提出され、早稲田アカデミーの保有株式が10.18%になったと発表されました。この保有率は株主第二位の地位にあり、創業者の須田氏が急逝したことと合わせて中学受験業界に大きな影響を与えかねないこの「ナガゼ・四谷大塚」の動きには要注目です。

5/21に早稲田アカデミー社長である須野田誠氏が心不全のため東京都の自宅で死去。

それにともない常務である滝本司氏(45歳)が22日付で新社長に就任。

平成20年3月期決算では小学部、中学部ともに前年度比109%を達成した同社だが、新社長の手腕に期待したい。

8月の早稲田アカデミーの株価暴落。そして、その後、四谷大塚を買収した東進(ナガセ)による株価の大量取得。なにか1つの線でつながっているような話です、根拠はないですが・・・。少し時間がたたないとわかりませんが、今後の中学受験・高校受験市場において、重要な役割を担うと思われる四谷・早稲アカ・ナガセの関係。今後の経過を少し追ってみたいと思います。

2007/08/30 NIKKEI NET早稲アカ営業益、9月中間4億円。

 早稲田アカデミーは二十九日、今期から始める連結決算で二〇〇七年九月中間期の営業利益が四億円になる見通しだと発表した。期初に想定していた六億円から二億円減額した。生徒数は前年同期比で約一割を上回って推移しているものの、期初の計画と比べると二%低い水準となったため。

 売上高も期初予想の七十九億円から七十七億円へ引き下げ、純利益も同三億円から二億円とした。前期に活発だった小学生による中学受験が今期も継続すると見込んだが、沈静化したため目算が狂った。一方で講師代といった人件費などの固定費は計画並みとなったことが収益圧迫につながった。

NIKKEI NET早稲田アカデミー株、ナガセが5%超取得、関係強化に狙い。(2007/09/27)

 大手予備校「東進ハイスクール」を展開するナガセは、学習塾大手の早稲田アカデミー株を十九日時点で三十九万六千株(発行済み株式数の五・一六%)取得した。二十六日に関東財務局に提出した大量保有報告書から明らかになった。早稲アカはナガセが買収した四谷大塚の「教材や公開テストを使う重要顧客」(永瀬昭幸ナガセ社長)で、関係強化が狙い。

取得総額は四億円強。三月末時点ではナガセの保有割合はほぼゼロ。今春ナガセ側が株式を取得したいと早稲アカに打診し、了解を得たという。八月末に発表した業績下方修正で早稲アカ株は急落しており、その前後でナガセは株の取得を進めた。十九日以降も株式を若干買い増しているとみられるが、「安定株主として早稲アカの経営陣を側面支援したい」(永瀬社長)という。

日経産業新聞  2007/04/10

早稲田アカデミー、「野田クルゼ」買収――医・薬学系加え事業拡大
早稲田アカデミーは九日、医・薬学部と理工系進学者向けの予備校を運営する野田学園(東京・新宿)を完全子会社化すると発表した。同日開いた取締役会で野田学園の発行済み全株式の取得を決めた。取得価格は九億二千万円。少子化の影響で学習塾業界の競争は激化しており、早稲アカは文・理系を網羅することで事業拡大を図る。

野田学園は医学部や薬学部などを目指す学生向けの予備校「野田クルゼ」の運営主体。一九六九年設立の老舗で、これまでに三千人以上の医学部合格者を輩出している実績を持つ。二〇〇六年三月期の売上高は約六億七千万円で、経常利益は二百二十六万円。

平成19年、早稲田アカデミーは、小中学生対象の校舎5校、現役高校生対象の「サクセス18」1校の合計6校を新規に開校します。

平成19年3月開校
月島校 東京都中央区月島1?8?3
小手指校 埼玉県所沢市小手指町1?15?2
上尾校 埼玉県上尾市仲町1?7?27
熊谷校 埼玉県熊谷市筑波1?181
つくば校 茨城県つくば市竹園2?6?12
サクセス18調布校 東京都調布市布田1?29?2


早稲田アカデミーによれば、東京都、埼玉県内に月島校・小手指校・上尾校・熊谷校の4校を出校し、また、つくばエクスプレスの開通により、都内の私立中学・高校への進学率増加が見込まれるエリアとして、茨城県つくば市に「つくば校」を出校するとのこと。

いずれも地域も、私立中学・高校への進学志向が強く、また、通塾圏内に居住する就学人口の面でも非常に市場性の高いエリアです。

サクセス18調布校は、調布校をはじめとする京王線沿線の小中学部校舎の卒塾生からの要望に応えて出校するとして、集団指導校舎の調布校との併設型校舎となるようです。

今回出校する6校を加え、校舎数は合計107校(個別指導MYSTA含む)となります。

群馬県高校偏差値/